きまぐれに、わがままに、本能に任せて過ごしたいと願う猫男爵のブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月と引っ越しとmixiと腰爆弾と
2012年03月15日 (木) | 編集 |
「2月は散々だー」つって
3月に期待してみたものの、案外普通です。ゲームは一切していません。ヤル気がないんだなw

あぁでも、連休にのんびり出来たり、ちょっと嬉しい。
旅行にも行ってきた。
温泉はなかなか良かった。

4人旅。
俺と、先輩と、先輩の旦那と、新人ケアスタッフ

楽しかったんだけど・・・
ケアスタッフが無口で、イライラしてて、何にも楽しそうに見えなかったから、
「これからは3人で旅行しよう」と結論に至りました。
もう少し楽しそうにしてくれたら良かったんだけど・・・

俺は夜勤明けで旅行に行ったんだ。だから当然車の中で寝てしまうわけ。
俺が寝たあとは3人で喋ってると思うじゃん?

ケアスタッフも寝てやがったw
言い訳はこうだ。「だってeeveeさんが寝てるから、喋る相手いないじゃないですか」

あ、俺のせいなんだ?
明けなのに起きてろと?
俺としか喋らないと?

3人で喋ろよボケ!

なんかもうガックリきちゃって・・・


携帯の充電切れてるのに、旅行中によくはぐれるし。
これはどうすれば?これはどうすれば?と、ちょっとウザくなったしw


先輩も「もう誘わなくてもいいんじゃないか」って言ってました。
いろいろ先輩も言われたようです。

もう誘わない。







次は引っ越しの話。
ここは「とりあえず入ってもらう場所。ほかが空いたら出てってもらう」って物。
月末には引っ越し。

なんも準備しとらんw
次は町営住宅かアパート。

家賃上がっちゃうなぁ。
今よりキレイな場所ならいいんだけど。
あと、職場の目の前から出ていけるっていうのが地味に嬉しい。

いろいろ不便なんだよ
ちょっと遊んでるだけで、言われるし。
ちょっと出かけるだけで、言われるし。
ちょっと帰りが遅いだけで、言われるし。

見張られてるとはこのこと。
冗談じゃないよ。

とっとといなくなりたい。

誰か引っ越し手伝って欲しい。
休みがつぶれるうううううううううう!!!







mixiの話。
もう学校を卒業して1年経りましたなぁ。
ミクシー読んでたら、卒業した時の文章を見つけてね。

不覚にも泣いてしまいました。

なんだ、良い文章書けるじゃないか。

周りのコメントも良かった
それにも泣かされた
追記に同じ文章を入れておこうと思うんだ

ミクシーは見ずらいしね。







腰爆弾。ただの腰痛。
一回だけ、腰ベルトを装着せずに夜勤に行ってしまった話は、ここでも触れたように思う。
それからずっと腰痛が持続中。

湿布も効かない、夜勤はすぐに来る。もうくちゃくちゃ。
あとずっと座布団に座ってるっていうのも良くない。
姿勢が悪い。

シコシコする時もやたらと腰いたい中してる。

勃起率減少中

ちゃんと起てバカヤロゥ

んで、病院に行こうか検討中。
検討してるだけです。
うーん・・・

病院なんか行って治るものなのか?
激しく疑問

医療関係者だけど、びみょう・・・
でも、耐えがたい痛みになりつつあるのはマズい。
進行してきてるのかな・・・






認めてほしくて

2011年03月10日04:00

みんなと一緒にいきたくて
ついていきたくて
置いてかれたくなくて
我侭に
みんなに認められたかった。


ウソを付いて、本音を言わずに、みんなに合わせて楽しく過ごしてきました。
これはこれで俺だから、偽りではないよ。
けど、自分のことを知らせずに認めてほしいなんてただただ強欲。


たまにポロっと出る本音に傷を付けてしまった人もいます。
この場を借りて謝ります。ごめんね。




幸い、みんなを大好きになり、人間が好きになり、自分のことも好きになれましたw

今から2年と半年前
mixiによる突然の休学宣言。
実習から、看護師から、逃げました。

しかし半年後、社会の厳しさを知り、復学を決意。

その頃から今の4年生と仲を深め始めました。
当時でいうと先輩と後輩の関係。
敬語が中々取れないみんなに申し訳なさを感じつつ、
仲間に入れてくれようとしてる努力を知り、感謝してもしきれない。
言葉が見つからない。
強いて言うなら、「大好き」


実習メンバーにも恵まれ、
フォローをしてもらいながらも、なんとか実習を達成。
この頃から人間関係の仕方を学びました。


国家試験勉強が始まり、自治会のメンバーと共に勉強してきました。
今だから言うけど、始めたばかりの9月は緊張してました。
嫌われたくなくて、仲間にいれて欲しかったから。
けども、いつでも弾かれる覚悟はしてた。
「もう会いたくない」と言われても、今まで築いてきた絆というものがあり、そこにポッと出の男が入る余地なんて無いんです。

まず、休学した段階で自分で築いてきた関係を壊したんだから、嫌われたくないなんてワガママなんです。

そこに入れてくれた。
歓迎してくれた。
迎えてくれた。
「○○○○のこと女子みたいな扱いしてた」と、女友達と同じ扱いをしてくれた。

時には厳しい言葉もあり、頬にビンタを食らい、朝まで飲み明かした。
点数で勝負を挑み、模試の結果で一喜一憂し、負ければ奮起し、勝てば油断しないよう周りが見張った。
体調が悪ければ心配をされ、元気が無い人には元気を分け、辛かったら涙を見せることが出来た。
国家試験も行った、卒業旅行にも行った。
何よりも一緒に笑うことが出来た。


始まりはオドオド、終わりは笑顔。別れた後に涙。

また会える?
・・・また会える?
こんな俺でも会って欲しい。

どうかお願いします。


先輩、同輩、後輩へ。
お世話になりました。

一緒に勉強してくれた人へ。
ありがとう。


●●●●
5年間の大学生活に終止符を打ち、平成23年3月9日、●●看護大学を卒業します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。